ホロスコープ: 12ハウス

12ハウスは、私たちの中のキャラクター(天体)が主に活動する「場所」を表します。
私たちのこの世界や人生は、主に12のテーマに分かれ、私たちがそれぞれの個性をどのテーマの場所で表現しているか?が天体がいるハウスによって見えてきます。

 

 

 

 

 

1ハウス:これが“わたし”

自分自身、自己表現、自己探求、素の顔、独特の雰囲気、癖、振る舞い、イメージ、体格、容姿、個性、生まれたときの状況、健康、活力
※外から見ると明らかだが、本人無自覚の傾向

1ハウスは「これがわたしである」と世界に主張する場所。あなたの個性や、嘘のない姿を表します。外見的特徴や雰囲気でもあるし、あなたが身に着けるもの、服や装飾品も関連します。あなたが自分をどのように世界に魅せていくか?に関連する、全てがこの部屋にあるのです。

1ハウスにある天体は活力に溢れ、積極的にその天体のテーマを発揮します。1ハウスの天体がその人の個性として、強く押し出される印象となります。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

2ハウス:わたしのもの

先祖から譲り受けたもの、所有物、物質、肉体、感覚、五感、才能、能力、センス、技能、感受性、価値観、お金、財産、自分が価値を認めるもの、物質世界をどのように経験するか、祖先、地域社会、民族性

2ハウスは「わたしのもの」に関連する部屋。自分が持つものすべてに関わります。肉体や、肉体に宿った才能、能力、センス、感受性など。この肉体とは、先祖から受け継いだものでもあるので、2ハウスは祖先や血縁なども関連します。

外側にある自分のもの、所有物にも関連します。自分が持つ才能や能力を使って得る価値としての、お金の部屋でもありますが、より正確には、「自分が与えられたものを使ってどのように豊かさを感じるか」に関連する場所です。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

3ハウス:わたしの知性

知性、コミュニケーション能力、学習、初等教育、興味が向かうもの、兄弟姉妹、短期の旅、家の近所、言葉、工夫すること、書くこと、手紙、メール、電話、周囲の環境、情報の送受信、発信すること、知性的努力、会話、言葉の扱い方

3ハウスは「わたしの知性」の部屋。行動範囲は狭いですが、好奇心旺盛にあちこち動き回り、ものの見方や捉え方、言葉の使い方、伝え方、物事をどのように扱うかという工夫する力もつけていく場所。学びと成長の部屋でもあります。他者とのコミュニケーションも積極的にとっていきます。

ただ興奮や刺激を求め、動きすぎや頭の使いすぎに要注意。神経系が疲れやすいので、3ハウスが多めの場合は程よく休むことも意識するといいかも。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

4ハウス:心の居場所

心のよりどころ、心の土台、精神的な支え、家族、家、故郷、両親、共感、心理的ベース、安定した生活のベース、先祖、墓、共感する力、人間的信頼感、集合的無意識、ルーツ

4ハウスは精神的な居場所。心のよりどころ。家族も意味する場所ですが、血縁的な意味ではなく(それは2ハウス)「精神的な支えとなる」という意味での家族です。ですから血のつながりがなくても、あなたの心を支えてくれる人や場所、全て。

4ハウスはチャートでは最も底の部分で、公には見えてこないけれど、私たちが生きる活力を得る精神的土台です。最も隠されているにもかかわらず、とても重要な場所です。ここでは、自分のルーツ、祖先とのつながりも意識しやすいでしょう。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

5ハウス:遊び場

自己表現、遊び、楽しみ、創造性、芸術、恋愛、クリエイティブな活動、子どもを産む、内なる創造衝動、個人的趣味、道楽、ギャンブル、セックス

5ハウスは「遊び」の部屋。自由に自分らしさを楽しむ場所。ここでは、楽しいこと、大好きなこと、感動すること、自分の内から創造した世界を思い切り表現します。芸術や趣味、しばしばギャンブルとも関連します。

5ハウスは恋愛の部屋とも言われます。他者との心の交流を通じ、ロマンスを楽しむ場所。また創造、生み出す、という意味では子供を産む部屋でもあります。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

6ハウス:自己調整

日常、身の周り、習慣、自分を調えるもの、勤労、奉仕、防衛、個人性の完成、仕事、修行、訓練、しつけ、腰の低さ、自己抑圧、整理整頓、弟子になる、健康管理、技能、義務、仕事場

6ハウスは「自分を完成させる」部屋。このあと7ハウスから社会、外に出ていく最後の準備、調整の場所。自己調整。特に身体の調子を整えるための、食事や運動など日々の習慣、健康管理に関わる部屋でもあります。

社会の中で役割をこなすため、要求に応えるための、貢献やお仕事の部屋でもあり、自分の技術を高めることに積極的に取り組む場所です。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

7ハウス:外・他者との関わり

対人関係、パートナーシップ、相手から見た自分、結婚相手を探す、仕事上の協力者、社会的にサポートしてくれる人、援助者、社会的発展を導く、他者からの評価、協力関係

7ハウスは人間関係の部屋です。人との関わり、社会との関わりを表す部屋であり、社会の中で自分を成長させてくれる人だったり、社会的な発展を助けてくれる人も表します。結婚やパートナーシップの部屋でもあります。

7ハウスは「自分である」1ハウスから最も遠く、さらに、様々な人と関わる部屋だからこそ、自分を見失いやすい場所でもある。7ハウスの天体は、しばしば、それが「自分のもの」であることを忘れ、相手に明け渡してしまいやすいです。7ハウスの天体が自分のものなのだ、自分が使うのだ、ということを学んでいくと、社会的に自分をアピールできたり、自分を引き立ててくれる存在が現れたりするでしょう。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

8ハウス:あなたのもの

変容、死と再生、融合、支配する/される、深い関係、信仰、セックス、企業、組織の力、財力、遺産、もらうこと、パラサイト、魂のつながり、他者との絆、結婚生活、死、親族関係、相手の価値を引き出す、自分だけでできないことを成し遂げる、他者の心に関わる

8ハウスは、私ではない「あなたのもの」に関連する部屋です。私にはないもの。それを、相手と繋がることで自分のものにしようとする。この「繋がり」はちょっとやそっとでは離れられない、拘束感を伴うやや厳しいものです。その代わり、受け取る恩恵は大きいのも8ハウス。

8ハウスは変容の部屋でもあります。8ハウスにある天体は、人生のどこかのポイントおいて、大きな変容を経験するでしょう。厳しさも多いですが、より本質の自分へと還っていく経験をします。他者、外側の力を借りて、自分を変容させる部屋です。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

9ハウス:意識の拡大

遠い意識、哲学、思想、精神性、海外、宇宙、教養、高等教育、学問、出版、宗教、ビジョン、抽象的、広い視野、異文化、海外、自分を高める、精神性を高める、成長、バージョンアップ、勇気づける、鼓舞する、教え導くこと

9ハウスは「意識が拡大する」部屋。自由、精神性、高みを目指すのがこの部屋のテーマ。9ハウスは抽象的で高度な学びや海外、哲学や心理学、思想や宗教、宇宙や精神世界などに関連します。ここで扱うのは、自分の意識や精神性を拡大させるもの。単純ではない、深い探求や考察が必要な題材を扱うことで、理解力を高めたり、自分の考えの幅を広げます。

常にバージョンアップ、レベルアップを目指す場所でもあります。誰かを高める、勇気づける、教え導くことにも関連します。9ハウスの天体は意識的にはどこまでも自由で開放的です。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

10ハウス:社会的達成

社会の中の役割、使命、社会的頂点、キャリアを築く、会社、組織、権力を築く、職業、ビジネス、社会の中の居場所、社会の中の目標、ゴール

10ハウスは「社会的達成」の部屋。ここはチャートの最も上、社会の中の目立つ場所。「枠」の中で何らかの成果を上げること、目的を達成すること、結果を出すことに関連します。10ハウスは社会的な居場所です。社会の中の役割や公の顔。10ハウスにある天体は、自分が所属する社会において、成果を上げようとします。

と同時に、その社会の枠に、とらわれてしまう場合もあります。自由度が少ない面もありますが、その分、社会活動で受け取るものは多いでしょう。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

 

11ハウス:未来のビジョン

共通の志を持つ仲間、同志、研究会、サークル、改革運動、政治活動、核心的なもの、希望、自由、理想、未来へのビジョン、友人、インターネット

11ハウスは「仲間や同志」の部屋。ここで見ているのは未来の可能性。ビジョンを描き、こうなったらもっといいな、という理想のもと、それに共鳴する仲間と繋がり、社会を変えていこうと運動をする場所。会社での利害関係のない、志でつながる同志や仲間、勉強会や研究会、サークルなどの横のつながりを意味する部屋でもあります。

大人が、より良い未来を夢見て真剣に遊ぶ。そんな場所。空間的な制限を超えた場所なので、現代ではインターネットなどで繋がる関係も象徴します。11ハウスの天体は、社会の枠や常識を壊し、より良い価値を社会にもたらそうと動きます。

10天体×12ハウスはこちら

 

 

 

12ハウス:すべてと繋がる

意識・経験の統合、完成、ヒーリング、精神の解放、全てからの解放、すべてと繋がる、源への回帰、浄化、創造力、芸術、スピリチュアル、インスピレーション、奉仕、癒し、聖域、秘密、隠された場所、際限なき影響力

12ハウスは全てと繋がり、魂に帰る場所。あらゆる制限から解放された場所だからこそ、この部屋の中では、自分と他者や環境との境界線がありません。12ハウスにある天体は自分のものなのに、自分ではそれが何かわからなくなりやすい。つかみどころがなくなるのです。一人の時間が大事です。

ただし精神的には最も解放されています。何もさえぎるものがない、圧倒的自由な場所にいて、全てとつながるからこそ、その影響力も強力です。12ハウスの天体は、例えばセラピーや癒しに関わること、芸術や公職など、個人の利益ではなく、他者や、より公の利益を意識した活動で大きな力を発揮することになるでしょう。

10天体×12ハウスはこちら

 

-10天体×12ハウス, ホロスコープで自分を知る

© 2021 光のカケラ~数秘&ホロスコープ鑑定~